ニュース・事件

吉井勇人のインスタグラム顔画像「計画的な犯行」鹿の頭を斧でかち割る狂人

ニュース・事件

奈良公園でシカを死なせたとして、三重県松阪市のとび職・吉井勇人容疑者(23)が逮捕されました。

吉井隼人が天然記念物である鹿の頭を斧で切り付けた理由は「車に体当たりされたから」とありますが、計画性を感じずにはいられません。

吉井はやとの顔画像やInstaram、フェイスブック、twitter、会社住所などを調査してみました。

吉井勇人のインスタグラム特定情報

吉井勇人は23歳の若者であるためInstagramやFacebookなどのSNSを利用している可能性が高いです。

そこでまずはインスタグラムを調査してみました。

「吉井勇人」で検索すると18件のアカウントがヒット。

吉井勇人のインスタグラム

吉井勇人のインスタグラム

吉井勇人のインスタグラム

 

 

三重県出身や奈良、鹿、とび職など、手掛かりになるような投稿やプロフィールを調査。

これといったアカウントは見つかりませんが、プロフィール写真がトヨタのバンを使っているアカウントを発見。

 

筆者の感覚では、この車に乗っているのは9割がた現場作業人、職人です。後部座席をフルスモークにして2列目にはニッカポッカの職人仲間を載せ、その後ろは荷物スペースというのがお約束。

 

車内にいるのは血の気が多く、感情のコントロールの利かない人種がほとんどなので、この車を見ても極力近づかないようにしています。

 

もちろん鳶にも大人気のこの車に、とび職の吉井勇人が乗っていてもおかしくないため調査を試みましたが、投稿内容は非公開となっていて特定には至りませんでした。

吉井隼人のインスタグラム

非公開なだけに投稿内容が非常に気になります。

鹿を殺めた時の写真が、武勇伝のように残っているかもしれません。

吉井はやとの顔画像情報

吉井はやとは鳶職の23歳。鹿が車に体当たりしただけで見境なく切れてしまう、反抗期の中学生のような性格。

怖いもの知らずで、気に入らないことがあれば車内に忍ばせている斧を振り回す危険な人間です。見た目も凶暴で、近寄りがたい雰囲気を醸していることでしょう。

吉井隼人の顔画像

吉井隼人の顔画像

ニュースで報じられている顔画像はタイミングよく光が当たらなかったため、はっきりと特定できる画像ではありませんでした。

 

吉井隼人の衝動的な殺意は鹿に向けられたものでしたが、相手が人間であってもきっと同じことをしてしまう人間です。

たまたま今回は鹿が相手だったため、文化財保護法違反での逮捕で、残念ながら「5年以下の懲役若しくは禁錮又は30万円以下の罰金」で済んでしまいます。

 

再犯を防ぐためにも顔画像の調査は継続し、判明次第公開していきます。

吉井隼人のFacebook特定情報

吉井隼人のフェイスブックも調査してみます。

インスタグラム同様、出身地の三重県や建設会社勤務など、わかっている情報で探します。

 

「吉井勇人」で検索すると30件ほどヒット。

吉井勇人のフェイスブック

吉井勇人のFacebook

どの人物も特別目に付くような情報がありません。

そしてプロフィールを記載しているのは大卒の方が多く、吉井勇人とは明らかに関係のない人物。他は、アカウントの取得だけで何も利用していない吉井勇人ばかり。

吉井勇人のFacebook

まだまだ調査していく余地はありますので、こちらもわかり次第追記したいと思います。

吉井勇人の勤務会社住所

吉井勇人は三重県松阪市のとび職ということがわかっています。

とび職とは、建設現場の鉄骨組や建物の周りの囲いを作ったり高所での作業をする仕事ですが、一般的には作業用足場を組む人たちをそう呼ぶことが多いです。

 

ニッカポッカに安全帯を付けて、真っ黒に日焼けしたイカツイ人たちです。

そこで松阪のとび業者を調査。

吉井勇人の勤務先

吉井勇人の勤務先

吉井勇人の勤務先

建設会社としてとび職をしている会社が多いですが、建設会社で調べると対象となる会社が多すぎます。そこで「とび職」で絞り込んだところ7件がヒット。

 

まずはこの7件を調べあげたいと思います。

他の建設会社も含め、詳しい情報が判明次第追記いたします。

計画的犯行「鹿の頭を斧でかち割る」事件概要

吉井勇人は国の天然記念物「奈良のシカ」と遊んでいる際、鹿に車を傷つけられたことに激高し、怒りに任せ斧で力いっぱい鹿の頭を切りつけたとのこと。

 

“殺してやろう”と明らかな殺意をもって殴りつけられた鹿は、頭蓋骨がかち割られて脳まで達する傷を負ってしまったそうです。

国の天然記念物「奈良のシカ」を刃物で傷つけて殺したとして、奈良県警は2日、三重県松阪市久保町、とび職、吉井勇人(はやと)容疑者(23)を文化財保護法違反の疑いで逮捕した。県警によると、容疑を認め、「奈良公園で鹿と遊んでいると、突然、鹿が私の車に体当たりしてきたので腹が立ち、殺してやろうと思って、おので頭を力いっぱい切りつけた」と供述している。

逮捕容疑は2月7日ごろ、奈良市の奈良公園で、推定年齢11歳の雌鹿1頭を鋭利な刃物で殴って死なせたとしている。

引用:朝日新聞

ただのとび職が、車の中に斧を持っていたことがまず謎。奈良公園で薪を割ってキャンプでもするつもりだったとでもいうのか。

そしていい年した男が「鹿と遊んでいた」とは、1人で?2時間も3時間もかけて三重県から…理解しようにも無理があります。

 

さらに気になるのが、鹿って車に突進するのでしょうか、吉井隼人自身に突進したというのならわかるのですが。

 

何かしっくりしないことだらけ、最初からストレス解消目的で、人目につかない時間帯を狙って鹿を殺しに来たと考えればすべて納得いきます。ちゃんと斧も準備してますから。

吉井勇人は犬や猫を虐待して、時々つかまる狂人たちと同じ類の人間なのでしょう。

 

奈良のシカは神の使いとされています、神に対して罰当たりなことをした吉井勇人にはどんな天罰が下るのでしょうか。

インスタグラムに怪しいアカウント「鹿殺し」

吉井勇人のインスタグラムを様々な名前で検索していると、なにやら怪しいアカウントを2件発見しました。

1件は「鹿殺し」そしてもう1件は「鹿絶対殺すマン」2件とも穏やかでないアカウント名です。

吉井隼人のインスタグラム

 

まず「鹿殺し」を見てみますが、まだ投稿は0件。

不気味な名前にも関わらず、フォロワーが9人もいることが不思議です。

吉井隼人のインスタグラム

 

そして「鹿絶対殺すマン」を調査。

こちらのアカウントは非公開となっていますが、「鹿殺し」と同様にフォロワーが11名ほどいるようです。

 

もしかしたら、随分前から鹿を殺すことを決めていた吉井勇人が作っておいたアカウントではないでしょうか。そうであれば、フォロワーは友人の可能性が高く、今回吉井勇人が捕まったニュースを見て“ついにやっちゃったか”と、思っているのかもしれません。

吉井隼人のインスタグラム

この2件のアカウントについても引き続き調査し、何かわかり次第追記していこうと思います。

<追記>吉井勇人のツイッター情報

吉井勇人のツイッターについても調べてみました。

ツイッターを実名で利用している可能性は薄いと感じつつ「吉井勇人」で検索。

すると10件のアカウントが出てきました。

吉井勇人のツイッター

吉井勇人のtwitter

1件ずつ調査するも足取りがつかめず、他の手掛かりを探していたところ、ツイッターにもあのアカウントを発見しました。

吉井勇人のtwitter

「鹿絶対殺すマン」また出てきたこの怪しいアカウント、背景写真はカラスの群れです。

不気味過ぎてあまり関わりたくない雰囲気がありますが、吉井勇人なのでしょうか。

何かわかり次第追記いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました