ニュース・事件

矢加部太郎のFacebook顔画像を特定!犯行場所から計画性が明らかに!

日立製作所のわいせつ社員矢加部太郎ニュース・事件

日立製作所のエリート社員が、女子高生に下半身を見せつけるという変態行為で逮捕されました。公然わいせつの疑いで逮捕されたのは、日立製作所の企画本部長・矢加部太郎容疑者、52歳。

 

欲求を抑えきれずに人生を棒に振った、矢加部太郎(やかべたろう)容疑者の顔画像・フェイスブックを特定、家族構成や出身大学、ツイッターからの経歴情報も入手しました。

<追記あり>2月17日

矢加部太郎のフェイスブック・顔画像を特定

矢加部容疑者は日立製作所での肩書は「社会ビジネスユニット社会システム事業部企画本部長」年収は推定1500万とみられています。

今のまま問題なく過ごしていれば老後の心配などもなく、勝ち組人生を送れていたはず。

 

昼はエリート、夜はド変態な顔を持つ矢部かたろうとはどのような人間だったのか。

矢加部太郎

Facebookを調べたところ「矢加部太郎」の名前でヒットしましたが、顔写真はしっかりと公開しているものの、経歴や生い立ちなどは不明。

 

しかし54名登録されている友達のうち、9名が日立製作所の関連会社勤務ということがわかっていますので、このアカウントでほぼ確実、そして後述しますがツイッターから入手した情報の顔写真が、フェイスブックで公開されている画像と酷似していることから特定としました。

矢加部太郎のフェイスブック

矢加部太郎のFacebook

2011年の11月に更新されているプロフィール写真ですので、42歳頃のものと考えられます。

変態男という先入観のせいもあるのかもしれませんが、目つきがヤバく犯罪者面をしています。

ツイッターからエリート社員を証明する経歴情報を入手

さらに矢加部容疑者について調査していると、さっそくツイッターで矢加部容疑者の情報を掴み、公開している方がいました。

矢加部太郎さんに100点!

矢加部太郎

フェイスブックの写真と比べると随分若いですが、同一人物であるようです。

 

この経歴情報元を探してみたところ「インターネットを利用した企業間情報商談システム」という資料の執筆者として、4名いるメンバーの一人として紹介されていました。

 

正確な情報はつかめていませんが、ファイル名などから推測すると2000年頃の資料のようです。矢加部容疑が31歳の頃で、入社から8年程度しかたっていません。

 

資料の内容はかなり専門的で、矢加部容疑者のシステム開発者としての能力の高さがわかるとともに、エリート社員であったことを証明する文書でもあるのではないでしょうか。

矢加部太郎

矢加部太郎

出典:HITESP

日立製作所エリート社員公然わいせつ事件の概要

 公然わいせつの疑いで神奈川県警に逮捕されたのは、日立製作所で企画本部長を務める東京・稲城市の矢加部太郎容疑者(52)です。警察によりますと、矢加部容疑者は去年11月23日の午後9時半ごろ、横須賀市本町3丁目にある駐車場で、女子高校生に声をかけ、下半身を露出した疑いが持たれています。  矢加部容疑者は、下半身を露出した際、女子高校生に「10段階で評価して」などと声をかけたということです。矢加部容疑者は、「酒に酔っていて覚えていない」と容疑を否認しています。事件の30分ほど前にも、この駐車場の近くで女子大学生(20)が同様の被害にあっていて、警察が関連を調べています。

引用:TBS NEWS

事件は昨年の11月23日の夜9時半ごろに起きました。矢加部容疑者は横須賀市内の駐車場で女子高生に声をかけ、下半身を露出したとのこと。

さらに女子高生に向かって、自身のモノを10段階で評価させるという100点満点の変態行為をしました。別のニュースソースでは「アンケートに答えてくれないか」「何点か」と尋ねたとの情報も。

 

「酒に酔っていて覚えていない」というのが本当かどうかは分かりませんが、お酒を飲んでやらかす人は大体が普段からかなりのストレスを抱えていることが多いです。「酔って喧嘩」などは最たるものでしょう。

矢加部容疑者の場合、ストレスのはけ口が喧嘩ではなく、秘めたる欲求の開放だったわけです。

<追記>

変態行為に及ぶ前に、お金を渡した後(3000円~5000円)“始めます”と宣言してからチャックをおろしました。

採点料はきっちり払っていたようです。

変態行為のあった駐車場の場所から計画性が明らかに

矢加部容疑者が女子高生に下半身を見せた駐車場は横須賀市本町3丁目とあります。ニュースの映像をもとに場所を特定しました。

矢加部太郎公然わいせつ事件

駐車場の場所は横須賀市本町3-13「コインパーク汐入駅前」

京急汐入駅のすぐ脇にあり、どぶ板通りに行く人が利用するにも便利な場所です。

 

そして、地図を見て驚いたのですが、この駐車場の裏には緑ヶ丘学院という中高一貫の女子高がありました。

矢加部容疑者がこの駐車場にいたのは、緑ヶ丘学院の生徒をターゲットにしていたことは明らかです。被害にあった女子高生の情報は当然わかりませんが、矢加部容疑者の狙い通り緑ヶ丘学院の生徒だったと想像できます。

緑ヶ丘女子高

出典:緑ヶ丘学院

犯行現場を特定することにより、今回の変態行為は矢加部容疑者の計画的な犯行であったことがわかりました。酔っていて覚えていないなんて嘘だったのです。

<追記>矢加部太郎の出身大学は東京大学?

矢加部容疑者は日立製作所の企画本部長という肩書です。これはちょっと頭がよかったり仕事ができるだけでは、到底手にすることのできないポストであるはずです。

 

日本を代表する企業である日立製作所は、東京大学・京都大学・慶応大学・早稲田大学といった国内トップランク大学からの卒業生がたくさんいる場所。

社内派閥は当然あり、派閥内の良好な人間関係や政治力も備えていなければ企画本部長などというポストが回ってくることはあり得ません。

 

そう考えると矢加部容疑者の出身大学も上記4校であることは必須ですが、現在正確な情報が入手できていません。

東京大学出身という情報も多数見られますが確定要素がないため、調査を継続し確認が取れ次第追記していきます。

<追記>

矢加部太郎の出身大学は成蹊大学ということがわかりました。当初噂されていた東大や慶応といった国内トップクラスの大学ではなく、偏差値50~60くらいのDランクと言われている大学出身者でした。

 

成蹊大学工学部経営工学を学んだ後、日立の子会社を経て晴れて日立製作所へ入社した矢加部容疑者、周りがエリート大卒ばかりの環境で、相当な努力をしてたどり着いた地位だったことが想像できます。

年頃の娘もいる・家族の未来も奪った加部太郎の性癖

特定に至った矢加部容疑者のFacebookの投稿を確認すると、幸せなそうな私生活も見えてきました。

2011年と古い投稿しかありませんが、家族で広島まで野球観戦に行った様子を写真と共にのせています。

矢加部太郎のフェイスブック

家族で聖地広島球場行って来ました。娘は野球観戦大好きです。

は野球観戦大好きです。」なんと娘がいるようです。

さらに…

矢加部太郎のフェイスブック

車窓から見えたこの絵に後部席から娘が一言。「天狗のイルカだ…」。
なるほど…

「後部席からが一言。」娘の年齢は分かりませんが、発言内容からすると小学生でしょうか。

仮に10歳だったすると、現在20歳前後になります。

 

一家の主である自慢の父親が、卑劣な変態行為で警察に捕まるという現実は、家族の幸せな未来をも奪うことになります。

年頃の娘は明日から学校、もしくは会社をしばらく休むことにでしょう。最悪の場合二度と通うことも叶わないかもしれません。

未来ある娘の将来が父の性癖によってぶち壊されてしまったことは、他人事とはいえ同情せずにはいられません。

さらに、これまで家庭を守り夫の出世を願い支えてきた奥さんの気持ちを考えるといたたまれません。優しい夫と可愛い娘、順風満帆に暮らしてきた毎日が突然目の前から失われてしまいました。

 

その原因が、信じていた夫の変態事件です。暴力沙汰や横領といった類の問題とは違って、近しい友人ですら触れ難い内容なだけに、奥さんもこれから後ろめたく孤独に生きていかなくてはならないでしょう。

 

矢加部容疑者は守るべきはずの妻と娘の人生をも奪ってしまいました。家族が許すことは考えにくく、この先の人生は一人で性犯罪の前科者として生きていくしかないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました