ニュース・事件

清水良太郎「暴行・薬・逮捕・博打・借金」清水健太郎以下の堕落した人生

shimizuryotaro-tsuma-boukou-taihoニュース・事件

ものまね芸人清水アキラの三男で元タレントの清水良太郎が、自宅で妻を家具に叩きつけケガをさせた疑いで逮捕されました。

清水良太郎は2017年に覚せい剤取締法違反(使用)の罪で逮捕されており、その時の執行猶予が明けたばかりでの再逮捕となりました。

清水良太郎は闇カジノで違法賭博をしていた疑惑や、パチンコ狂いで2千万円の借金など良くない噂も多く、薬物やひき逃げで8度の逮捕歴のある清水健太郎をしのぐ悪童ぶり。

清水良太郎のただれた人生を深堀します。

清水良太郎妻に暴行逮捕!

元タレントの清水良太郎が妻に暴行を加え逮捕されました。
逮捕容疑は4月9日の夜、都内の自宅で妻の頭をつかんで家具にたたきつけ、1週間の怪我をさせたとするもの。

事件は暴行を加えられ一時的に親族の家に非難していた妻が、3日後に警察署を訪れて相談したことから発覚。
清水良太郎は「夫婦げんかで口論になった」「夫婦げんかの流れで髪の毛をつかんでしまった」と容疑を認めています。

清水良太郎は2017年に覚せい剤取締法違反(使用)の罪で逮捕されていますが、その時通報したのは一緒にいたという風俗嬢。さらにその女性が、室内での生々しいプレイを暴露したことにより、清水良太郎の変態じみた性癖も世に知れ渡ってしまいました。

清水良太郎は2016年に一般女性と結婚しひとり娘がいます。娘の為を想ってか、夫のそんな醜態を知ったときでも、妻は清水良太郎を見捨てませんでした。

夫の逮捕の心労で食事が取れず、体重38キロまで激やせしても「離婚という言葉を彼女は出さなかった」といいます。

shimizuryotaro-taiho-tuma

それなのに清水良太郎は、たった一人の理解者である妻に対して手を挙げてしまいました。ワガママ三昧に育てられてきたお坊ちゃんの中には、感謝や反省という言葉は皆無だったようです。

嫁と口論になったからと言って、頭をつかんで家具にたたきつけるとは、まともな人間の出来ることではありません。妻に対するDVは、日常的に行われていたのでしょう。

清水良太郎妻に暴行逮捕「ギャンブル依存症で借金苦」

清水良太郎の素行の悪さは今に始まったことではありません。初めて悪行がバレたのは2017年2月10日発売のFRIDAYにスクープされた賭博疑惑。

清水良太郎は俳優の遠藤要と2人で、現金をチップに換えて賭ける闇カジノに出入りし、違法賭博をしていたというもの。FLASHなども追従して、バカラに興じている現場写真や目撃証言なども多数報じられたため、清水良太郎は予定されていたミュージカルを降板し、約4か月間の芸能活動の自粛を余儀なくされました。

「新宿の闇カジノで良太郎に会うようになったのは4年ほど前から。友人から清水アキラの息子だと紹介された。ギャンブルが好きなようで『芸能人は皆やっているから大丈夫』と話していた。彼は来店すると5万円から10万円分の現金をチップに交換して遊んでいたし、週に何度も来ていた。カジノに来てカネを賭けないですむわけがない」

引用:FLASH

shimizuryotaro-bakara-taiho

引用:FRIDAY

形だけの謹慎はしましたが、実際の清水良太郎は「カジノ店には2度ほど行っただけで金は賭けていない」など苦し言い訳を繰り返し、反省の色は無し。

今までの人生を甘やかされ、思い通りに生きてきた清水良太郎は、そんな言い訳が本当に通じると思っていたようで、テレビ番組でもふざけた持論を展開し、美川憲一にこっぴどく叱られてしまいました。

shimizuryotaro-tsuma-boukou-taiho

shimizuryotaro-tsuma-boukou-taiho

謹慎明けの2017年の夏ごろには非合法のオンラインカジノや野球賭博にも手を出しているとの噂も出るなど、清水良太郎の博打は病的なものであったようです。

「報道後は違法カジノ店に行くことができず、代わりに非合法のオンラインカジノで賭博を続けていた」(知人)

「清水容疑者は、賭博関係者と仲よくなって、いつもプロ野球のハンデ表を送ってもらっていた。表はLINEでやり取りをするが、彼は毎回のように賭けていた。1試合で10万円も賭けることがあり、ずいぶん大きな賭けをやるなと思っていた。野球賭博の関係者は、彼が逮捕されたことで、捜査の手が自分に及ばないか戦々恐々としている」(前出の飲食店関係者)

引用:FLASH

このころから清水良太郎がギャンブル依存症であったことは明らか。2018年にはパチンコ狂いで借金が2千万円以上あるとも報じられており、現在もその借金は残っているはず。

今回の妻に対する暴行も、お金に関係したことで口論になり、借金のイライラを嫁にぶつけたといったところでしょう。

「良太郎は、多額の借金を抱えており、いまだに返していないのです。私の友人は、彼がパチンコで負けるたびに『頼む! カネ貸して』とせびられ、計800万円ほど貸すハメに。良太郎は『月3万円ずつ返すから』と言っていましたが、友人は一度も返してもらったことはないそうです。ほかにもカネを貸している人は複数人いて、借金は計2000万円を超えています。彼が闇カジノにハマっていたときも、1000万円以上の借金をしていましたし、まったく反省の色が見えませんね」(良太郎の別の知人)

引用:FRIDAY

shimizuryotaro-taiho-gyanburu-izonsyo

引用:FRIDAY

清水良太郎は覚醒剤の執行猶予が明けたばかり

清水良太郎の人生は、2017年10月に覚醒剤取締法違反(使用)罪で逮捕・起訴されたことで、完全にくるってしまいました。

同年2月の闇カジノでの違法賭博は、逮捕までには至らず事なきを得ていました。これくらいであれば世間もほとぼりが冷めたころには許してくれたかもしれません。

しかし清水良太郎が手を出してしまったのは覚醒剤でした。しかもホテルにデリヘルを呼び、その女性に無理やり口移しで飲ませようとするなど悪質な行為をしています。

kakuseizai-shimizuryotaro-tsuma-boukou-taiho

さらに清水良太郎にとって最悪だったのが、このデリバリー嬢がホテルの密室での一部始終をフライデーのインタビューで暴露してしまったこと。

暴露内容は「口〇中に薬物を吸引し始めた」「鼻に指を突っ込まれ口移しで煙を吸引させようとしてきた」といった薬物を服用しながらの性行為に手慣れていた様子や「マッサージ器を持参し自分自身に使っていた」など、清水良太郎の性癖に至る部分までが語られた赤裸々なものでした。

この時ばかりは父親の清水アキラも堪忍袋の緒が切れ、アキラ自身が社長を務める事務所、清水エイジェンシーから良太郎を解雇。

そして記者会見を開き、報道陣の前で涙ながらに『自分の事務所はクビにして、自分で歩いてもらいたい』と父親として謝罪しました。

kakuseizai-shimizuryotaro-shazai-shimizuakira

「馬鹿野郎」「アイツのことを信じることができない」といいながら「家族ですから…」と涙ながらに語る清水アキラが不憫でなりません。

2017年の12月22日に言い渡された判決は懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決でした。計算すると今年の1月6日に執行猶予は明けているはずです。

執行猶予が明けて、本当の意味での再出発が始まった矢先に妻への暴行で逮捕。もう妻も父親も手を差し伸べてくれる人はいませんが、また薬に逃げることだけはしないでほしいと願うばかりです。

清水良太郎妻に暴行逮捕で清水健太郎以下の堕落人生

今回の再逮捕では「清水良太郎」と「清水健太郎」を間違える人が沢山いるようです。

たしかに名前が似ていて、犯罪歴も複数回の2人。
間違えてしまうのも納得できますが、現在真っ当に暮らしている先輩の清水健太郎は迷惑していることでしょう。

shimizuryotaro-tsuma-boukou-taiho

清水健太郎 またかと思ったら
清水良太郎
また薬かと思ったら 今度は奥さんに暴行とか
最低(*`ω´*)

shimizuryotaro-tsuma-boukou-taiho

清水良太郎逮捕
また薬か?
勘違い……清水健太郎と間違い(笑)
奥さんに暴行との事……

shimizuryotaro-tsuma-boukou-taiho

ちゃうちゃう!
清水良太郎も2017/10/11に覚せい剤で逮捕されてたわ!
清水健太郎は常習犯の方。

とんだとばっちりを受けた清水健太郎。
逮捕歴は先輩の貫録を見せつけますが、なぜか良太郎の方が悪質な印象を受けます。

【清水健太郎の逮捕歴】

  1. 1973年自動車で女性歩行者をひく交通死亡事故を起こし、業務上過失致死の容疑で現行犯逮捕
  2. 1983年大麻取締法違反で現行犯逮捕(起訴猶予処分)
  3. 1986年大麻取締法違反で現行犯逮捕
  4. 1994年大麻取締法違反及び覚醒剤取締法違反で逮捕
  5. 2004年覚せい剤取締法違反で逮捕
  6. 2008年乗用車を運転中に自転車と交差点で衝突し軽傷を負わせ逃走。3日後警察に出頭し逮捕
  7. 2010年覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕
  8. 2013年麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕

shimizuryotaro-tsuma-boukou-taiho

コメント

タイトルとURLをコピーしました