小山田圭吾「パラでいじめ再燃」

りんたろー小山田のいじめを擁護「過去は気にしない」相方の為に嘘(独自)

exit-rintaro-oyamadakeigo-ijime-yougo小山田圭吾「パラでいじめ再燃」

小山田圭吾がオリパラ開会式の作曲を担当することが決まったことで、小山田が過去に行った障碍者に対するいじめインタビューが再燃し、作曲担当の辞退を求める声が高まっています。

15日に放送されたABEMA Primeではお笑いコンビEXITのりんたろーが「じゃあ、清廉潔白な人っていますか?って 思っちゃう」と発言。小山田圭吾を擁護したことでりんたろーも批判に晒される事態に。

りんたろーの擁護発言の理由について、関係者の証言を聞くことができました。

りんたろー小山田のいじめを擁護し炎上

7月15日、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」開会式および閉会式のクリエイティブチームのメンバーが発表され、開会式の作曲を小山田圭吾(Cornelius)が担当することに。

これをきっかけに、小山田圭吾が過去に犯した障害者いじめの告白インタビュー記事が再びクローズアップされ、小山田圭吾に「辞退しろ」との声が集まっています。

詳しくはこの記事↓

小山田圭吾「障害者いじめの過去がオリパラ作曲で再燃」被害者は再会を拒否

exit-rintaro-oyamadakeigo-ijime-yougo

クリエイティブチームのメンバーが発表された15日に放送されたABEMA Primeでは、お笑いコンビEXITの2人が出演し、小山田圭吾の障碍者いじめについて言及しました。

りんたろー。は、いじめについて「人としてあるまじき行為」と断罪しつつも「じゃあ、清廉潔白な人っていますか?って思っちゃう」と率直な感想を述べた。

その上で「そこから歩んできた27年とか40年の、この人の歩んできた道とか、後悔とか、成長とか、変化とかを全部なしにして、この行為だけをクローズアップして…。今を見ずに、過去の彼に対して石を投げるっていうのが正しいのかっていう疑問はありますね」と持論を展開した。

引用:東スポWEB

りんたろーの発した「清廉潔白な人っていますか」「過去の彼に対して石を投げるっていうのが正しいのか」という言葉にネットは即座に反応、火に油を注ぐことになり、りんたろー自身もプチ炎上してしまいました。

exit-rintaro-oyamadakeigo-ijime-yougo

いじめという自らの犯罪行為を武勇伝として語ってしまった精神性の問題じゃないんかな?そこを履き違えてるから同類からの擁護にしか見えない。

exit-rintaro-oyamadakeigo-ijime-yougo

りんたろーも本質は小山田と同じだから庇ってるんだよ。

exit-rintaro-oyamadakeigo-ijime-yougo

EXIT 兼近 りんたろー
若者や庶民の素朴な発想や意見を言えることを重宝がられているのだろうが、今回の小山田圭吾の件はセンシティブな問題を浅い情報量で語ってしまったのはまずかったよな

exit-rintaro-oyamadakeigo-ijime-yougo

小山田圭吾いじめ問題に関する記事を見た。
りんたろーみたいに「清廉潔白な人っていますか」の意見、90年代カルチャーを解説するものもあったが120%間違えている。
そのような背景があったとしても肯定する理由には成りえない。
私は障害者支援活動を30年行っているが件の告白には1ミリも共感しない。

exit-rintaro-oyamadakeigo-ijime-yougo

過去のケジメはちゃんと取るべきかと。
まず会見して説明を。
そして被害者に謝罪を。
最低限、これはするべきでしょう。
「昔の話」ということで済まそうとするなら石投げられても仕方ないのでは。

りんたろーの小山田擁護は相方への気遣い(独自)

過去のいじめについて小山田圭吾本人が一度でも謝罪し、償いの姿勢などを見せていたのであれば、りんたろーの「過去の事」といった主張も支持されていたはず。しかし小山田圭吾はこれまで反省や謝罪の言葉を述べたことはないようです。

これではりんたろーの発言が受け入れられないのは無理もなく、世間の「小山田は辞退せよ!」の声が正論。パラリンピックに携わる人間が障碍者をイジメていたとあっては、日本が世界中から笑われてしまうことになります。

exit-rintaro-oyamadakeigo-ijime-yougo

りんたろーの浅はかな発言にはガッカリですが、なぜこのうような事を言ってしまったのか深堀するため、お笑い芸人に詳しい芸能関係者へりんたろーの真意を聞いてみると、

基本的にりんたろーは、何か事件を起こした芸人やタレントさんを擁護します。その理由はやはり相方の兼近が、過去に2度も警察のお世話になっているからです。

やらかしてしまった人を非難することは、相方を責めることになりますし、今回のように過去の過ちを蒸し返す話に乗っかってしまうと、まさに兼近の首を絞めることになってしまいますから、嘘でもこう言うしかないのです。

りんたろーは、本当は正義感が強くいじめなんか絶対に許せないタイプなので、兼近の過去が無ければ『被害者に謝辞しろ』って言っているはずです

exit-rintaro-oyamadakeigo-ijime-yougo

たとえ過去の事であっても、小山田圭吾のいじめを絶対に許すタイプではないというりんたろーが、今回擁護発言したのはすべて相方を気遣っていたことが理由だったようです。

兼近大樹の前科にりんたろーは「過去のことは気にしない」

兼近の過去の逮捕歴は2019年9月に文春にて報じられています。

ひとつ目は兼近が2011年11月に女子高生の売春の斡旋をしていたとして、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたというもの。

exit-kanechika-zenka

そして2つ目は2012年8月に札幌市内のマンションに侵入し、およそ1000万円の現金が入った金庫やブランド時計300万円相当を盗んだという事件。

exit-kanechika-zenka

しかし2つ目の事件については逮捕はされましたが10日間の拘留後、嫌疑が晴れ釈放されていますので実際の前科は1つだけのようです。

兼近は取材に訪れた文春記者に対し『やっと話せる』『すべてをさらけ出してほしい』と説明しましたが、お試しでコンビを組み出場したM-1で人気を得た時、兼近は過去の罪がバレるのを恐れ、りんたろーに解散を持ち掛けたといいます。

しかしすべてを聞いたりんたろーは「過去のことは気にしない。その時はまた2人で考えよう」と言ったそうです。

今回小山田圭吾のいじめが再燃していることについて、兼近大樹はABEMA Primeでこう言っています。

「過去を含めて今につながっているんで『過去を背負って生きろよ』って派なんですけど」と前置きした上で「この状況でこのことを言ってるっていうのは、この声を上げてる人たちは何かをしてほしいというか…。1人ひとりが、何のために『この人は過去にこういうことをしていただろ!』って叫んでるのかを知りたいですね」と〝批判派〟の意図を推察した。

引用:東スポWEB

exit-rintaro-oyamadakeigo-ijime-yougo

兼近くん、そうだよ、何かをしてほしいのだよ。何もせずに武勇伝を語ったきりで、いまオリパラの顔として何もなかったかのように音楽を提供しているのが許せないのだよ。むしろ君は許せるのか? ……と思う。

>>小山田圭吾「いじめの過去がオリパラで再燃」被害者は再会を拒否

>>りんたろーが小山田圭吾に怯える理由に洗脳の過去「元相方からビンタ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました