アイドル

大野智なぜパグは友達の犬と言ったのか?自分の犬と言わなかった理由を推察!

大野智アイドル

嵐の大野くんが個展で展示したパグの絵はやっぱり愛犬だったみたいです。

「とくダネ!」で小倉智昭さんがそう話したそうですが、何かと物議を醸したパグ騒動はようやく収束できそうですね。

 

ところで疑問なのが大野くんはなぜあの時モデルとなったパグのことを「友達の犬」といったのでしょうか?

今回はその真相を追いかけてみました。

「パグ騒動」のおさらい

今更ですが事の発端とも言えるパグ騒動を簡単におさらいしてみましょう。

  • 2015年9月に大野くんと元女優Aさんの同棲疑惑を週刊誌が報道しました。
  • この元女優Aさんが当時活動休止していた夏目鈴さんではないかとファンの間で広まっていきます。

報道された写真ではただ一緒に遊びに出かけているだけともとれ“同棲”の根拠は示せていません、お付き合いは疑わしかったですが。

彼女のSNSからは証拠らしき写真なども見つかり今で言う“匂わせ”にバッシングが加熱しました。

  • 同年7月から開催された「FREESTYLE II」で公開されたパグの絵が夏目さんの愛犬だと話題になる。
  • 同棲を信じてしまっているファンからはパグの瞳に描かれている部屋が夏目さんの部屋に似ていると指摘され出します。
  • 大野さん自身がパグの絵画について「友達の犬」と説明していたことも疑惑に拍車をかけてしまいました。

夏目さんが当時どれほど部屋の写真をSNSに上げていたかはわかりませんが瞳の中に描かれた部屋と似ていると感じるのはちょっと異常な感じもしますが、同棲報道で疑心暗鬼になってしまっているファンの心理とすればそう思ってしまうのも仕方のないことかもしれませんね。

 

そしてこのパグの絵はマグカップやTシャツにもプリントされ個展会場で販売されていましたが騒動の影響で販売休止となってしまいました。

結局大野くんは異例の記者会見を開き報道を全否定し、ファンに謝罪します。

「僕の軽率な行動でファンの皆様を悲しい気持ちにさせてしまったこと、反省し、申し訳ない気持ちでいっぱいです」

「友人の1人で同棲という事実は一切なく、お付き合いも一切していません。もう会うことも一切ございません」

これをもって騒動はとりあえずの終息を迎えました。

本当にただの誤解だったのか、彼女を守るために別れたのか、真相はわかりませんがこれもアイドルの宿命として仕方のないことだったと思います。

 

「パグ騒動」の全貌はこんな感じだったと思いますが2015年の話ですので多少違っている部分がありましたらごめんなさい。

パグはやっぱり自分の犬だった

一連の騒動から5年の時を経てパグが大野くんの犬だったことが明らかになりました。

フジテレビの「とくダネ!」の中でメインキャスターの小倉智昭さんが今回の『FREESTYLE 2020 大野智 作品展』の話題に触れ

「パグの犬の絵が今回もあるんです。前回もあったんですが…」

「彼は、今回は“自分の犬だ”という風に言い切りました」

「前回もパグの絵があったんですが“知り合いの犬”と言っていろいろ物議を醸したんです」

「“それの反省を込めてもう一度描きたかった”というような話で」

といった感じで小倉さんの口からパグが大野くんの犬であることを全国放送で公言してくれました。

 

“今さら蒸し返すな”といった声や“小倉さんから聞きたくなかった”など複雑な心境を持つファンもいるようですが、大野くん自身も作品集のインタビューで「自分の犬です」とお話されていています。

そして今も飼っているそうです。

 

よく考えてみれば彼女の犬をTシャツにしてファンに売るでしょうか?

大野くんがそんなヤバイ奴とは思えませんよね。

 

確かな情報ではありませんが2014年ごろにはパグともう1匹、計2匹の犬を飼っていたという噂もありますので、個展で公開されたパグはずっと昔から大野くんが飼っていた犬だった可能性もあるんですね。

大野智

なぜ「友達の犬」といったのか?

ではなぜ大野くんはあのとき個展のモデルとなったパグを「友達の犬」と言ったのでしょうか?

考えられることは「この絵は僕が飼っている犬です」といったらどうなってしまうかを大野くんは想像したのではないかということです。

 

もし、そう言ったなら“私も大野くんと同じパグを飼いたい”とたくさんのファンがパグを求めてペットショップに向かうかもしれません。

これってそんな大げさなことではなく十分考えられると思いませんか?

たくさんじゃなくても例えば10人のファンが大野くんをきっかけにパグを飼ったとしてその10匹のパグは本当に生き物として、パートナーとして求められて飼育されるのでしょうか?

「そこに愛はあるのかい?」ですね。

 

大野くんは自分が付けているアクセサリーを求める感覚で犬を購入されてしまうことを一番恐れていたのではないかと思います。

自分の犬と言わなかったのは、最近問題になることの多いペットの無責任飼育に繋がってしまうことのないようにする大野くんなりの配慮だったのではないでしょうか。

 

ファンだからといってペットまで飼う人もそう多くはないとは思いますが。。。

実際ジャニーズにはペットを明らかにしてはいけないといったルールもあったと聞いたことがあります。

活動休止の理由

このパグ騒動は大野くんの自由になりたい、ひとりになりたいといった願望を大きく膨らませた一因でもあると考えられます。

なんの意図もなく描いた飼い犬の絵が同棲している彼女の絵だと誤解されたうえにグッズ販売の休止など多方面に迷惑をかけてしまったことは大野くんにとってとても大きなストレスになったと思います。

 

アイドルとして生きることの不自由さと、アーティストとして自由に作品を作ることは相反していてその矛盾にとても悩んだことでしょう。

そして長い時間をかけて悩んで出した答えが「自由に生活してみたい」といった思いなのではないでしょうか。

 

そしてついには「私は仙人になりたい」とも言い出してしまいました(笑)

アイドルじゃなくてもテレビのような人前に出るお仕事の場合はこのような悩みは宿命だと思いますが、タレントさんもひとりの人間ですからいつか自由になりたいといった思いは当然あると思います。

【まとめ】大野智パグはやっぱり自分の犬だった!

小倉さんの全国放送での発言で過去の騒動が蒸し返されてしまった感もある話題でしたが、結果としては大野くんの望むような形になったのではないでしょうか。

週刊誌の報道は別にして、最初から自分の犬と言っていればあの時あそこまで大きな騒ぎにならなかったという思いは大野くんにもあったと思います。

 

一部ファンからは「パグだけは展示しないで」といった意見もあるほどたくさんのファンの心に遺恨を残してしまったからこそ、もう一度パグの絵を描いて、本当のことを話して過去を清算したかったのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました