成清龍之介の死亡事故

成清龍之介(なりきよりゅうのすけ)事故の場所・現場画像「速度制限なし」歩行者はねる選手も

成清龍之介のプロフィール成清龍之介の死亡事故

競輪選手の成清龍之介さんが公道でトレーニング中に停車していたトラックに衝突し、頭を強く打ってしまい死亡しました。

成清りゅうのすけ選手は昨年デビューしたばかりの千葉支部所属選手。

伴走車もいた練習中の事故は避けられなかったのか、事故現場である袖ケ浦市中袖の市道を特定し、事故原因を調べてみたいと思います。

成清龍之介死亡事故の場所は「中神臨海通り」

成清龍之介選手が事故にあった場所は千葉県袖ケ浦市中袖の「中神臨海通り」

片道約2.5kmの見通しの良い直線道路で、自転車競技をしている方にとっては格好の練習場になっています。

埋立地ということもあり海からくる潮風が気持ちよくサイクリングにも適した場所。

工業地帯であるため休日は車の通りも少なく、地元のサイクルショップなどが練習会を開いたりするエリアで、自転車を趣味とする人たちからは良く知られている場所でもあるようです。

 

今回の事故を受け、安全面を考慮した規制やルールが設けられることも考えられ、今までのように自由に自転車を走らせることができなくなる可能性も考えられます。

成清龍之介が事故をおこした中神臨海通り

>>>成清龍之介の事故原因はわき見運転⁉

成清りゅうのすけ「制限速度なし」死亡事故の現場画像

成清りゅうのすけ選手の事故現場は、先述したように見通しの良い直線であるため普通に考えると路肩に車が止まっていても気づきそうなものですがなぜでしょう。

伴走車も付いていたということなのでほんの一瞬の不注意が重なってしまったのか。

 

競輪選手が全力で走ると60~70km以上のスピードが出ると言います。

このスピードでエアロポジションを取って下を向いている状態で、前方にある車に気付くのが遅ければ怪我では済まないことは明白です。

 

競輪界も選手の事を考えて、徹底した安全対策の義務化が必要なのではないでしょうか。

成清龍之介さんの前方不注意なのは明らかなんやけど、伴走者と走行中やのに伴走者はどうにか停められんかったんかね。

成清龍之介の事故現場

成清龍之介の事故現場

ママチャリだって全力で漕げばそこそこのスピードが出るので危険ですが、自転車には速度制限がありません。50cc以下の原付バイクですら30kmに制限されているにもかかわらずです。

 

強いてあげれば、道路交通法の第22条に「車両は道路標識等で指定された最高速度を超えてはならない」とありますので、40km/h制限の道路では自転車もそれを守らなければなりません。

成清龍之介が事故をおこした自転車

成清龍之介が事故をおこした自転車

成清龍之介が事故をおこした自転車

成清選手のぐしゃりと曲がった自転車を見ると、事故の衝撃が伝わってきます。こんな恐ろしい事故が二度と起こらないことを願ってやみません。

成清龍之介選手の死亡事故概要

成清選手は千葉県袖ケ浦市中袖の市道でトレーニングのため自転車を走らせていたところ、路肩に停車していたトラックに衝突してしまいました。

110番通報され緊急搬送されましたが、頭などを強く打ち搬送先の病院で死亡が確認されました。

 24日午前10時20分ごろ、千葉県袖ケ浦市中袖の市道で路肩に停車していたトラックに自転車が衝突する事故があり、自転車を運転していた同県市原市八幡の競輪選手、成清龍之介さん(21)は病院で死亡が確認された。

県警木更津署によると、「自転車がトラックにぶつかった」と110番通報があった。成清選手はヘルメットを着用していたが、頭部の外傷が死因になったとみられる。現場は沿岸の工場地帯を通る片側2車線の見通しのよい直線道路。成清選手は、右後方に仲間が運転する自動車を伴走させ、トレーニングのために走行していた。現場の道路を時折、トレーニングに使用していたという。

同署は成清選手の前方不注意が事故の原因とみて、当時の状況を調べている。

成清選手は父と叔父も競輪選手で、昨年5月にデビュー戦に出場したばかりだった。

引用元:産経デジタル

成清選手は昨年プロデビューしたばかりの競輪界期待のホープでした。競輪選手の練習中の事故は時々耳にしますが、若い選手が命を落としてしまうのは残念でなりません。

成清龍之介の死亡事故

今日はショック過ぎて競輪やる気にならんわ。ミッドのインタビューで見たことしかないが、あどけなさの残る親父に似て男前で好青年だった。逃げは最後に垂れてたが、破壊力抜群の一撃の捲りはそれだけで魅せられた。117期の選手では一番好きな選手だった。ありがとう成清。

過去には競輪選手が歩行者をはねる事故も

2015年には成清選手と同じ千葉支部の女子選手・山本奈知さんが練習の帰り道に、57歳の女性会社員を自転車でひいてしう事故をおこしています。

会社員の女性は報道当初は意識不明とありましたがその後死亡しました。

 

この事故も練習の帰り道とはいえ、結果を見ればそれなりのスピードが出ていたはず。

山本選手は自粛後復帰することができましたが、この時の経験を競輪界は活かすことができていないため、今度は選手が死亡する事故を招いてしまいました。

17日午前11時半ごろ、千葉県柏市高柳の県道を走行していた同県松戸市、競輪選手山本奈知さん(28)の自転車が、横断中の同県印西市の会社員大信恵見子さん(57)とぶつかった。大信さんは病院に運ばれたが、意識不明の重体。

柏署によると、現場は片側1車線でほぼ直線。渋滞で道路左脇を走っていた山本さんと、信号機のない場所を横断し車の間からすり抜けてきた大信さんが出合い頭にぶつかったとみられる。山本さんは練習からの帰りだったという。

日本競輪選手会によると、山本さんは女子競輪の選手で、同会千葉支部に所属。昨年5月にデビューし、優勝1回。

引用元:日刊スポーツ

おなじ公営競技の競艇やオートレースは、競技の性質上仕方のない部分はあるとはいえ、開催が休みの日に施設を使って練習しています。

競輪も同じように公道での練習を禁止すればいいと思いますが、無理なのでしょうか。

>>>成清龍之介はわき見運転で事故った⁉

コメント

タイトルとURLをコピーしました