稲田真優子「ストーカー殺人」

宮本浩志の会社は住友電工「出世の希望が消えプッツン」同僚も驚く裏の顔

miyamotohiroshi-kaisya-sumitomodenkou稲田真優子「ストーカー殺人」

大阪市天満のカラオケパブごまちゃんのオーナー、稲田真優子さんが殺害された事件。逮捕された宮本浩志の勤務先である会社が「住友電工」であることがわかりました。

宮本浩志容疑者の会社での様子や、出向先である子会社について深堀します。

>>ツールドフランス事故動画「選手そっちのけメッセージ」女は逃亡

>>夏見翔太インスタ顔画像「袖ヶ浦竹林殺人事件」

>>夏見翔太の実家を特定「迷惑がる近所の声」(独自取材)

宮本浩志の会社は住友電工

稲田真優子さん殺害の容疑者として宮本浩志が逮捕されてから、さまざまな身辺情報が拡散されていましたが、宮本容疑者の仕事については「大阪市内の機器メンテナンス関連会社のエンジニア」との情報のみでした。

なので「機器メンテナンス会社」が先走り、誤情報が出回り、無関係の企業の名前などもあげられてしまっていました。

しかし今回文春によって、宮本浩志容疑者の会社が「住友電工」であることが公表されました。住友電工は本社を大阪市に持ち、従業員数は約27万人、昨年度の売上高は3兆円越えの大企業です。

事業内容は自動車関連製品、情報通信機器、電子部品、産業素材など幅広い事業を行っています(Wikipedia)が、報じられていたような機器メンテナンス会社というのとは、少し違ったようです。

miyamotohiroshi-kaisya

住友電気工業 大阪本社(住友ビル本館)

高校卒業後に徳島大学の工学部に進学した宮本容疑者は、電気工学を学んだのち、一部上場の住友電工に就職することができましたが、現在は子会社に出向している身だったとのこと。

宮本浩志容疑者は子会社に出向中だった

今は子会社に出向して、コンピュータのソフトウェア作りにエンジニアとして携わっていました。もう管理職になっていたはず。

引用:週刊文春

住友電工本店から子会社に出向していた宮本浩志容疑者は、コンピュータのソフトウェア作りに携わるエンジニアでしたが、その子会社とはどこの会社だったのでしょうか。

後述しますが、宮本容疑者の勤めていた子会社が大阪市にあることは間違いないようです。そこで住友電工のホームページから関連会社を調べてみます。

miyamotohiroshi-tsutomesaki

【製造/工事】
株式会社アスデックス
S&Sコンポーネンツ株式会社
株式会社OCC
関西パイプ工業株式会社
北日本電線株式会社
京都電線株式会社
ジェイ-ワイテックス株式会社
鈴木住電ステンレス株式会社
住友ゴム工業株式会社
大電株式会社
日立化成住電パワープロダクツ株式会社
【販売】
株式会社テクノアソシエ
株式会社ベイ・コミュニケーションズ
北港運輸株式会社

国内にある住友電工の関連会社は上記のとおり14社もありました。

さらにここから大阪市内に拠点を持つ会社を調べると、8社にまで絞ることができました。

【大阪市内に拠点のある住友電工の関連会社】
株式会社OCC
関西パイプ工業株式会社
ジェイ-ワイテックス株式会社
住友ゴム工業株式会社
大電株式会社
株式会社テクノアソシエ
株式会社ベイ・コミュニケーションズ
北港運輸株式会社

この8社の中のどこかに勤めていた可能性が高いようですが、さらに調査を進め特定したいと思います。

住友電工本社のある大阪市中央区は、本社の住友ビルディングを中心に、旧住友財閥系のビルが立ち並ぶ地域のため、住友村と呼ばれています。

上記の子会社の中にも住友村にオフィスを構える会社もあり、宮本浩志が最寄りの淀屋橋駅からごまちゃんのある天満駅まで、毎日およそ15分かけて通っていた可能性が見えてきました。

miyamotohiroshi-kaisya

宮本浩志の会社同僚の証言「機器メンテナンス会社」はデマ

宮本浩志容疑者が逮捕された翌日の6月19日。ツイッターでは、宮本浩志が機器メンテナンス会社の社員であるという情報が、デマあることを訴える、同僚と思しき人物が現れていました。

miyamotohiroshi-kaisya-douryou

機器メンテナンス会社なんて報道されたから、全く関係ない会社が挙がっているのは気の毒ですね。

miyamotohiroshi-kaisya-douryou

「宮本容疑者」の勤め先としてあがっている企業はいずれも間違いです。
そちらの企業にご迷惑になるので拡散するのは控えた方がいいです。

この方は宮本浩志容疑者が逮捕される前日まで、仕事のやり取りをしていたそうで、初めは逮捕の報道は同姓同名の別人と思っていたようです。

miyamotohiroshi-kaisya-motodouryou

まさか!単に同性同名と思っていたのですが

miyamotohiroshi-kaisya-motodouryou

信じたくなかったのですが、顔写真を見て愕然。
普段、会社では温厚で話しやすい方だったので、やはり「まさか!」って思いが強いです。

miyamotohiroshi-kaisya-douryou

逮捕前日まで、仕事のやり取りをしていた宮本さんが「宮本容疑者」になったことは、未だに信じがたいのですが、プライベートの話はあまりしたことがなかったので、こんな一面があったなんて。
また、いろんな方が特定しようとしていますが、新大阪はあってますが、会社は間違いです。

この方のプロフィールには“大企業勤務”などの経歴がありますが、宮本容疑者の勤務先が住友電工とわかった今、この方が宮本浩志容疑者の同僚であることに間違いはないようです。

真面目で無口「会社では温厚で話しやすい方」の、思わぬ裏の顔に驚く同僚、

勤務態度は真面目で、朝は一番早く、7時くらいには出社していましたね。仕事の愚痴も言わず、足を怪我してギプスをしていた時も周囲に何も言わなかった。

引用:週刊文春

宮本浩志は一流企業での出世を夢見て、会社のために頑張ってきました。しかし出世争いに負け子会社に飛ばされたことで、プツンと糸が切れたようにやる気がなくなってしまったのではないでしょうか。

miyamotohiroshi-kaisya-douryou

残業するほどの気力は無くなってしまったが、早い時間に自宅に帰るのも気まずい宮本容疑者は、年を取ってから夜遊びを覚えてしまった良くあるタイプのおじさん。

そして出世の夢も失い、家にも居づらかった宮本浩志は、ついに心の拠り所として執着していた稲田真優子さんにもフラれてしまいました。

ごまちゃんでキレた姿を度々見られていたように、感情のコントロールが利かない宮本容疑者は、フラれた腹いせという身勝手な理由で、稲田真優子さんを殺してしまったのでしょう。

>>宮本浩志の犯行動機は痛すぎる言葉・類似事件では懲役14年

>>宮本浩志が家族についた嘘“まゆちゃん”にも捨てられた

>>宮本浩志の自宅を特定「武庫川団地で質素な暮らし」

>>宮本浩志のtwitter特定「アカウント名たけのこ」

>>宮本浩志フェイスブック顔画像「パトロン気分の常連客」

>>稲田真優子の犯人は「常連客ひろし」

>>稲田真優子ストーカー殺害「前の職場とのトラブル説」

コメント

  1. kjkj より:

    デブでメガネだから。

    デブになる原因は砂糖や糖質(炭水化物)の食べすぎ。

    それで統合失調症、糖尿病精神病、砂糖中毒になってる。

    チンピラ不良ヤクザも同じ。