稲田真優子「ストーカー殺人」

宮本浩志フェイスブック顔画像「パトロン気分の常連客」交際を断られ殺害か

稲田真優子「ストーカー殺人」

大阪市天満のカラオケパブ「ごまちゃん」オーナーの稲田真優子さんが殺害された事件で、11日午後に、店にいたとみられる兵庫県西宮市の常連客の宮本浩志(56)が逮捕されました。

宮本浩志(みやもとひろし)は稲田まゆこさんが「ごまちゃん」をオープンさせる前に勤めていた店の常連客でした。

宮本ひろしのFacebookや顔画像を調査します。

<追記>産経新聞にて宮本浩志の顔画像が特定されました。

<追記>宮本浩志の家族や会社情報を追記しました。

<追記>稲田真優子さんの父親がインタビューに答えました。

>>宮本浩志の犯行動機は痛い言葉「類似事件は懲役14年」

>>宮本浩志の会社は住友電工「出世の希望が消えプッツン」

>>宮本浩志「家族についた嘘」娘や妻に嫌われた勘違い男

>>宮本浩志の自宅を特定「武庫川団地で質素な暮らし」

>>宮本浩志のtwitter特定「アカウント名たけのこ」

宮本浩志のFacebook

宮本浩志はすでに56歳。自分の年の半分にも満たない、25歳の稲田真優子さんに付きまとっていました。

宮本ひろしの人物像を調査するため、SNSを調べてみますが、年齢的にもツイッターやインスタグラムをやっているとは思えません。

そこでフェイスブックを調べてみます。

「宮本浩志」で検索すると40件近い検索結果が表示されますが、犯人のキーワードである西宮市在住の宮本浩志は今のところ見当たりません。

miyamotohiroshi-facebook

miyamotohiroshi-facebook

他にも、フェイスブックのアカウントを取得時は西宮に住んでいなかった可能性など、万が一を考え大阪在住者などもチェック。「ごまちゃん」や「天満駅」など、稲田真優子さんに繋がる情報のあるFacebookアカウントを確認中です。

miyamotohiroshi-facebook

しかし当サイトの別記事でも紹介した、ネット掲示板で早めにリークされていた「犯人はひろし」という情報が本当だったということに驚きです。

>>稲田真優子の犯人は「常連客ひろし」 

<追記>宮本浩志の顔画像を特定!妻と2人の娘の父親だった

産経新聞にて宮本浩志の顔画像が特定されました。

miyamotohiroshi-kaogazou

パッと見、きちんとしていそうな見た目ですが、良く見ると髪をほんのりと茶色にしているあたり、自分はそこそこモテるんだと自身のあるようなタイプに見えます。

きっと稲田真優子さんも自分が口説けば何とかなるとでも思ったのかもしれません。

しかしあっさり断られたため、キレてしまったか。

パブの常連客だった男性(54)は「真優ちゃんは毎日のように来る宮本容疑者を嫌がっていた。周りの客とはしゃべらず、真優ちゃんがほかの客の接客をして相手にされないと、切れたり怒鳴ったりすることがあった」と話す。

引用:産経新聞

miyamotohiroshi-kaogazou

miyamotohiroshi-kaogazou

miyamotohiroshi-kaogazou

稲田真優子さん事件の犯行推定時刻の11日午後に、宮本浩志の姿も防犯カメラに映っているとのこと。それでも宮本浩志は、「店には行ったがやっていない」と容疑を否認しています。

この期に及んで白を切る宮本浩志は、西宮市内の集合住宅で妻と2人の娘の4人暮らし。自身は大阪市内の機器メンテナンス関連会社でエンジニアをしています。

宮本浩志は西宮市から30分かけ数年間通い詰めていた

報道によると宮本浩志は兵庫県西宮市在住とのこと。西宮駅から大阪の天満駅までは電車でおよそ30分かかります。しかし宮本浩志は稲田さんが「ごまちゃん」を始める前のお店からの常連客でした。

>>宮本浩志の自宅は武庫川団地の激安賃貸

宮本浩志は数年に渡り、稲田さんの気を引こうと片道30分かけて天満まで通い詰めていましたが、前の店では店長やオーナーが居たため稲田さんに近付くことができませんでした。

miyamotohiroshi-kaogazou

しかし稲田さんが自分の店を持ったことで自由が利くようになり、その行動がエスカレートしたのではないでしょうか。
「ごまちゃん」に頻繁に顔を出すことで、自分がお店を支えているような気になり、パトロン気分。あれこれと稲田さんにしつこく連絡していた可能性があります。

inadamayuko-kao-gazou

コロナのあおりを受けお金が尽きたか、それとも稲田さんにはっきりと「しつこい」と言われたか。56歳の宮本浩志は今まで使ってきたお金と時間が無駄であったと悟った宮本容疑者は短絡的な行動に出たのか。

>>宮本浩志の犯行動機は痛い言葉「あなたのことが苦手」

<追記>宮本浩志のプロフィール

  • 名前:宮本浩志(みやもと ひろし)
  • 住所:兵庫県西宮市高須町
  • 年齢:56歳
  • 職業:会社員(機器メンテナンス関連会社エンジニア)
  • 家族:妻・娘2人

miyamotohiroshi-jitaku

驚くことに宮本浩志は結婚して妻がいました、さらに2人の娘まで。宮本浩志の年齢からしても、娘と稲田真優子さんはそれほど年も離れていないはず。(2人の娘は高校生と20歳くらいと報道されました)

会社での勤務態度は至って真面目、パブに飲みに行っていたことなど同僚にも話していなかったといいます。

また自宅近所に住む女性は、「お母さんとはママ会つながりで面識はあるが、旦那さんは見たことがなかった。普通の家族という印象だが、近所付き合いをしているイメージはなかった」というほど影の薄い存在。

会社でも仲間を作らず秘密主義、家に帰っても透明人間の宮本浩志には、稲田真優子さんしかいなかったのかもしれません。

宮本浩志逮捕!ニュース速報は常連客の男(56)

18日午後2時過ぎに出された速報では、犯人は兵庫県西宮市の常連客の男と報じられました。

大阪市北区のカラオケパブ「ごまちゃん」で経営者の稲田真優子さん(25)=北区=が亡くなった事件で、死亡推定日時の11日午後に店にいたとみられる兵庫県西宮市の常連客の男(56)が疑いが強まったとして、大阪府警が殺人容疑で男の逮捕状を取ったことが18日、捜査関係者への取材で分かった。取り調べを始めており、容疑が固まり次第、逮捕する。

 捜査関係者によると、店が入るビルの防犯カメラに男とみられる人物が事件前後に出入りする姿が写っており、関与が浮上した。

 稲田さんは事件前「しつこい客がいる」と周囲に漏らしていたといい、府警は関連を調べる。

引用:共同通信

inadamayuko-karaokepabu-gomachan

11日金曜の夕方、稲田真優子さんがお店に入って行く様子が防犯カメラに映っていました。普段であればその後も稲田さんは、開店準備の買い出しのためビルを出入りしていたのですが、この日はそれもなかったといいます。

警察は稲田さんが入店後にビルを出入りしている人物を調査していたところ、11日の夜、宮本浩志が同ビルを出入りしている様子が防犯カメラに映っていることを確認。早い段階から宮本浩志を容疑者として目を付けていたようです。

<追記>稲田真優子の父親が胸の内を語る

稲田真優子さんの父親が関西テレビのインタビューを受け、苦しい胸の内を語りました。

ああいう姿見たらあいつ(真優子さんは)どう思ってたんかな、俺らに何を訴えたかったんかなと思う。どういう気持ちやったんやろって

涙ながらに最愛の娘を失った無念さを訴えるお父さん、まさか自分の娘と同じ年代の子を持つ男の犯行だとは、思いもしなかったのではないでしょうか。

inadamayuko-chichioya

>>宮本浩志の会社は住友電工「同僚も驚く裏の顔」

>>宮本浩志「家族についた嘘」娘や妻に嫌われた勘違い男

>>宮本浩志twitterでも稲田真優子に付きまとう

>>稲田真優子の犯人は「常連客ひろし?」

>>稲田真優子に世話になった店とのトラブル説

>>鶴崎心桜さん顔画像「笑顔に林真須美の面影」

コメント

  1. あくとさん より:

    尼とか西宮から大阪に通勤してる人は多いで。わざわざ通ってるってのはないかもな。もしかしたら天満に勤めてる会社があるんかもしれん。
    あとあくまでも容疑者やからこの記事はもう少し言葉は選んだ方がいいかと思う。

  2. より:

    眼鏡でデブ。
    デブって糖質と砂糖ばかり食べてるからデブになるだよ。
    砂糖と糖質(炭水化物)の食べ過ぎで統合失調症、糖尿病精神病、砂糖中毒になってる。
    だからキレやすい。
    これがチンピラ、あおり運転、騒音トラブルの原因。
    だからデブは危険、ろくなのいない。
    あと歌は音楽ではない。
    眼鏡は目が悪いってこと、メガネ障害者。

タイトルとURLをコピーしました