エンタメ

三浦春馬実の父親が不審死!「遺産相続問題で邪魔に」死因はなに?他殺説も

三浦春馬エンタメ

昨年7月に亡くなった俳優の三浦春馬さんの実父であるAさんが、年明け間もない1月中旬に亡くなっていたことがわかりました。

三浦はるまさんが亡くなって半年あまり、昨年12月には春馬さんの遺作映画を元気に見に行ったという。

みうらはるまさんに似ているといわれるAさんの死因は何なのか、母親の現在は、画像や写真も調査しました。

三浦春馬の実父が不審な死を遂げていた

三浦春馬さんの実父・Aさんの急死は2月9日発売の女性自身にて明らかにされました。Aさんは春馬さんの生まれ故郷でもある茨城県に在住、春馬さんの活躍を誰よりも楽しみにしていた人です。

「Aさんが最後に目撃されたのは1月15日未明です。前夜、いきつけの飲食店に現れたのです。しかし朝の3時ごろ、『気分が悪くなった』と、帰宅し、その後、連絡が途絶えてしまいました。店では親しく話す仲とはいえ、Aさんの自宅の住所を知る者はいませんでした。

引用:女性自身

Aさんはこの日、深夜まで飲食店に居たが気分が悪くなり帰宅、そして帰ってからほどなくして亡くなりました。春馬さんが亡くなったのは7月ですので、わずか半年後の出来事です。

春馬さんの死因にも他殺説があるなかでの突然の実父の死、なぜかしっくりしない不信感を持つのは筆者だけではないはず。

 

春馬さんの残した巨額の遺産相続問題や、一向に明らかにされない春馬さんの死因ともいわれているイジメ疑惑など、親族や事務所周辺に残るきな臭い噂が未解決な状態で今度は実父の急逝、なにかの力が働いているような底知れぬ恐怖を感じてしまいます。

他殺説も!父親と母親で遺産相続をめぐるトラブル

映画や舞台、ドラマやCMなど輝かしい実績を作ってきた春馬さんは、巨額の遺産を残しています。その額は軽く億を超えていることから他殺を疑う声も。

 

すでに知られているように春馬さんには実父と実母、それから実母の再婚相手の継父という3人の親が存在します。

しかし、春馬さんと継父は不仲だったため、母親と継父の離婚後すぐに春馬さんは役所へ行き、継父の籍から抜いてもらっています。また継父に対して「アイツの顔も見たくない」と言っていたとも。

 

継父の方も「春馬さんとは8年前に分かれているので、なんの関わりもない」と認めていますので、遺産については継父は権利もなく、母親に肩入れするという可能性もないようです。

三浦春馬の継父と実母

三浦春馬さんの継父と実母

そして遺産相続問題は、予想通り実父と実母による生みの親同士の争いになっていました。

「実母と実父の主張は折り合いがつかず、話し合いは完全に平行線をたどっていると聞きました。その結果、春馬くんの遺骨やお墓の話もまったく整理できていない状態だそうです。

特にお母さんは春馬くんに対する思いが深いのか、徹底した“秘密主義”を貫いているといいます。そのために膠着状態が生まれており、多くの親戚から戸惑いの声が上がっているのです」(前出・芸能関係者)

引用:女性自身

秘密主義を貫いているのは「春馬さんに対する思いが深い」となっていますが、よく意味が分かりません。春馬さんの事を思えば、争いはやめて早々に問題を解決し、お墓を建ててあげることが先決です。

 

さらに実母は代理人弁護士を通じて『週刊文春』に下記のコメントを掲載しています。

《(個人事務所については)二一年三月までに株の評価額の算定をした上で新代表者を決めることになります。(中略)動産や権利関係の整理、テレビ局との契約書との確認作業も必要で、通常の遺産相続より長期化する見込みです》

手続きをするうえで必要なことではあるのは確かです。しかし“秘密主義”なのにわざわざ『週刊文春』に報告するのはなぜでしょう。

 

実父は生前「私自身は息子の遺産をまったく当てにしていません」と語っていましたが、相続権利がある以上すべてを欲しがる人にとって実父は邪魔な存在、これはちょっと考えすぎでしょうか。

死因は病?三浦春馬の実父は心臓に持病があった

春馬さんの実父であるAさんは元々心臓が悪く、2017年にはペーメーカーを入れる手術をしています。長い間疎遠になっていた春馬さんとAさんはこのことをきっかけに交流を再開し、食事やお酒を共にするようになりました。

ワイングラスを持つ三浦春馬

そんなAさんにやっと訪れた息子との幸せな交流でしたが、それからほどなくして届いた春馬さんの訃報。

春馬くんが亡くなってから、Aさんはみるみる元気を失ってしまいました。もともと大病をしたのに、あまり健康に気を使わないタイプだったのですが、さらにその傾向に拍車がかかってしまったように見えました。

引用:女性自身

ペースメーカーの手術を受ける際、Aさんは「余命1年」と宣告されていました。それでも春馬さんのおかげで元気に3年も過ごすことができていましたが、息子の死は相当堪えたはずです。

 

Aさんの死因は、息子の死のショックにたくさんの取材攻勢、これらの心労が重なって心臓に負担を与えてしまっていた可能性も考えられます。

無念の父親・三浦春馬似の顔写真【画像】

春馬さんの両親は春馬さんが小学校低学年の頃に離婚し、春馬さんは母親に引き取られました。それ以来実父であるAさんとの交流はほとんどなかったという春馬さん。

 

おそらく数少ないであろう実の父親との仲睦まじい写真がありました。

グリーンの上下を着て、ソファーでくつろいでいるのがAさん。その前でピースサインをしているのが幼少期の春馬さんです。シベリアンハスキーを2匹も飼っているところからも、かなり裕福な家庭環境であったことがわかります。

三浦春馬の実父との写真

三浦春馬さんと実父  出典:文春オンライン

三浦春馬の幼少期の写真

三浦春馬さんの幼少期  出典:文春オンライン

三浦春馬の幼少期の写真

三浦春馬さんの幼少期  出典:文春オンライン

4歳の頃から児童劇団に所属していた春馬さん。父親の素顔が見られないのは残念ですが、春馬さんの端正な顔立ちは父親譲りだったのかも。

 

春馬という名前も父方の親族女性が名付け親で、午年の春に生まれたことから「草原を馬が力強く駆けていくような子になって欲しい」という願いを込めてつけられたそう。

 

ようやく訪れた最愛の息子との穏やかな日々は、長くは続きませんでした。複雑な理由があったとはいえ無念だったことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました