ニュース・事件

消しゴム忘れた児童を立たせ懲戒処分!私立小学校や男性教諭の名前を調査

教室ニュース・事件

昨年12月、神戸市北区の小学校で、消しゴムを忘れた児童を3時間半にわたり立たせたことが体罰にあたるとして、同市教育委員会は2日、25歳の男性教諭を戒告の懲戒処分にしました。

 

この報道では3時間半立たせていて“体罰”とありますが、いったいどのような背景があったのでしょうか。

最近のなんでもかんでも体罰だ、パワハラだという風潮にあわせた、行き過ぎた処分なのではないでしょうか。

消しゴムを忘れ“体罰”の報道内容

神戸市教委によると、教諭は昨年12月21日朝、担任を務める学級で、消しゴムを忘れたことを伝えに来た男子児童を教諭の机の前に立たせた。「自分の言葉で説明しないとダメだよ」と言ったが、男子児童は何も話せなかったという。正午に教諭が消しゴムを貸すまで、児童は3時間半にわたり立たされたままだった。その間、他の児童はその教室で授業を受けていた。
教諭は同じ日、それぞれ作文と漢字の宿題を忘れた女子児童と男子児童も、約1時間20分立たせたままにしていた。

市教委に対し、男性教諭は「『次からは忘れません』と自分で話してほしかった」と説明する一方、「配慮が足らず、児童につらい思いをさせてしまった」と話しているという。

引用:朝日新聞デジタル

この報道によると「消しゴムを忘れたことを伝えに来た男子児童を教諭の机の前に立たせた」のち「自分の言葉で説明しないとダメだよ」と促したとあります。

児童は無言、もしくは言葉足らずで忘れ物をしたことだけを訴えてきたのでしょうか。

筆者には忘れ物をした意思表示は出来るのに「すみません、消しゴムを忘れてしまいました」が言えない児童が浮かんできます。(3年生とのことですのでごめんなさいでもいいと思います)

 

そうなると、意地っ張りで生意気な児童だった可能性があると思いませんか。実際、宿題を忘れた子たちはそこまで長い時間立たせていないので、途中できちんと反省し謝ったのでしょう。

 

たかが消しゴムを忘れたくらいで3時間半は確かに長いかもしれませんが、一概に教師が悪かったとも思えないのは私だけではないはずです。

舞台となった小学校はどこ?教員の名前は?

今回の体罰とされる事件のあった小学校はいったいどこなのか、25歳の男性教員は誰なのかは報道では一切明らかにされていません。

神戸市の教員は毎日のように問題を起こしていますが、ほとんどの事件で教育委員気による隠蔽工作がされています。

 

現在のところ神戸市北区の市立小学校ということ以外に情報が出てきません。

 

学校について独自に調べてみましたが神戸市の市立小学校は162校、そして北区だけでも33校あり神戸市内でも一番市立小学校の多い地域です。

 

【神戸市北区の市立小学校】

神戸市北区の市立小学校

現在1校毎にホームページ内の情報をチェック中です。事件についての情報や、教員の退職や処分について何かわかり次第追記していきます。

 

しかし不祥事に事欠かない神戸市の教育委員会の隠蔽体質は、いつになったら改善されるのでしょう。まずそこから変わらなければ、問題教師がいなくなる日はいつになっても来ないでしょう。

体罰ではなく被害者は教師!

ところでなぜ児童が立たされ続けていたことが公になったのでしょうか。別の教師が見ていたのか、同級生が親に話し学校に知れたのかは不明ですが、3時間立たされていた児童が親に報告したとも考えられます。

 

生意気な児童は、謝ることよりも立ち続けていることを選びました。そしてそのことを親に報告すれば自分のために学校にクレームを入れることまで計算して、親にチクったのでしょう。

 

これらは推測の域を出ませんが、教諭を体罰教師と叩いている人たちも、事実を知っているわけではありませんので同じことです。

男性教師に与えられたのは戒告の懲戒処分となっていますが、要するに口頭での注意レベル。体罰という割には随分軽くないでしょうか。

この処分の程度が事の重大さの目安になるはずですので、教師も被害者として同情すべき点があったことを意味しています。

 

「『次からは忘れません』と自分で話してほしかった」「配慮が足らず、児童につらい思いをさせてしまった」など、至ってまともな先生です。

 

問題教師も多いですが、問題児童だって相当数いるのは確かです。

教師はすぐに晒されますが、悪質な児童は“悪い子”で片付けられている現実も考えなければいけません。

「過保護過ぎる」のび太も立たされなくなった…

過保護過ぎるモンペといわれる学校への依存が強い親が増えたことで、昔のように学校判断での教育もやり難くなっているようです。

運動会も競い合わない「仲良し運動会」なんだとか…呆れてしまいます。

 

最近ではのび太君も廊下に立たされなくなったそう。

テレビを見ていた親たちがクレームの電話なりメールを入れたのでしょう。もしくは連絡が来る前に配慮したとか。

 

のび太が廊下に立たされる意味について良いことが書いてありました。

学校で廊下に立たせる意味

 

昔…と言っても50年近く昔の話ですが 廊下に立たせて反省させるという罰が小学校にはあったのです
立ちっぱなしはキツイですし 勉強をさせるまえに「なんで自分は遅刻をしたのだろう」と自分を見つめさせ 自分でダメなところを自分で気づいて改善するべきと考えていられたからなのです 学校によっては水の入った重いバケツを持たせて立たせる学校もありました
これを体罰と受け取る傾向が強くなり廃れましたが 実際は座禅のようなものに近く精神鍛錬を目的にしています
また 遅刻・居眠りをする生徒は「授業に参加する必要がない」と言うことで教室に入れられないのです
昔は サボるなんて考えられず 何としても授業を受けたいというのが当たり前でしたから
のび太は授業に参加する資格はなく なぜそうなったか自分で考え反省しなければいけないということで廊下に立たされているのです

今回の男性教師がここまで深く考えたうえで、立たせていたかはわかりませんが、反省してもらいたかった気持ちは教師として当然あったでしょう。

 

消しゴムを忘れた児童が立たされていたのは教室内ですので、授業だって聞けていました。

男性教師は良かれと思って立たせたのに、まさかこんなことになるとは夢にも思っていなかったはずです。

配慮が足りなかったことなどありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました