ニュース・事件

廣瀬康雄ほか「立候補者」の顔画像と経歴「中能登町長選挙」は暗殺捜査で延期か

石川県中能登町長選挙に立候補した広瀬康雄殺人事件ニュース・事件

任期満了に伴い来月に告示されれる、石川県中能登町長選挙の立候補予定者3名は、町議の林真弥氏、副町長のひろせ康雄氏、町議の尾田良一氏の3名が立候補を表明していましたが、副町長の広瀬康雄氏の死亡により選挙が予定どおりできるのか注目が集まっています。

 

廣瀬康夫氏の変死事件の概要や、候補者の顔画像と経歴、フェイスブックなどを調査しました。

廣瀬康雄ほか中能登町長選挙の立候補予定者3名の顔画像

石川県中能登町の町長選挙は、任期満了に伴い来月3月16日に告示されます。現職の杉本栄蔵町長が次の選挙に出馬しない考えを示したことで、町議の林真弥氏、副町長の廣瀬靖男氏、町議の尾田良一氏の3名が立候補を表明。

 

今月10日に行われた立候補予定者説明会には、3人以外の出席者がいなかったため、三つ巴の選挙戦となることが予想されていました。

 

中能登町の町長選挙の投開票は3月21日に行われます。

石川県中能登町長選挙の立候補者

中能登町長選挙の立候補者「町議・林真弥」の経歴

林真弥氏は昭和37年7月12日生れの58歳。

地元中能登町にある県立鹿西高校を卒業後七尾バス(現北鉄能登バス)に就職、運転手を経て2014年の町議会議員選挙で初当選し現在2期目。

  • 鹿西高校同窓会会長
  • 鹿西高校野球部OB会会長
  • 平成24年度旧鹿西中学校PTA会長
  • 中能登町交通防犯推進隊員
  • 中能登町青少年育成推進指導員
  • 中能登町男女共同参画推進の会部会長
  • 平成25年度中能登町とりや山の会会長

 

町長選立候補にあたり「新分庁舎のスタートをもって中能登町の第2章の始まりと思っている。その第2章の舵取りを私が担わせてほしい」と述べている。

石川県中能登町長選挙に立候補した林真弥

中能登町長選挙の立候補者「町議・尾田良一」の経歴

尾田良一氏は2017年に行われた、亀野冨二夫議員の死去による中能登町議会議員補欠選挙にて初当選し、現在2期目。

 

遺跡や文化施設の整備、教育施設の誘致などに取り組む姿勢を見せ「改革ののろしを上げるのは今しかない。普通の人の心に秘めた思いをすくっていきたい」と抱負を述べています。

 

尾田氏夫人は、イラン人の尾田パリーヌーシュさん。日本国籍を取得し「地球の他文化共生活動に思う」と題した講演会を開くなど、イランの習慣や文化などを広める活動をしている。

石川県中能登町長選挙に立候補した尾田良一

中能登町長選挙の立候補者「副町長の廣瀬康雄」の経歴とFacebook

広瀬康雄氏は石川県鹿島郡出身の65歳。

 

「杉本町長の女房役として政策や事業に携わってきた。実行中の計画を完成させるのが、私に与えられた務め」とあるように、庁舎再編などを巡り、批判的な見方が根強いとされる杉本町政に近しい候補として見られており、厳しい選挙戦が予想されていた。

石川県中能登町長選挙に立候補した広瀬康雄

廣瀬氏はフェイスブックも利用し、近況報告や家族や孫たちとの交流写真を投稿するなど、他候補に比べプライベートを公表するなど、若者受けは良好だった模様。

石川県中能登町長選挙に立候補した広瀬康雄のフェイスブック

 

廣瀬康雄副町長と母親が自宅で変死「事件概要」

事件があったのは2月15日未明、廣瀬さんの三女にあたる女性からの通報で事件が発覚。

その晩は親族7人が泊りがけで集まっていたが、寝る場所がなかったせいか廣瀬さんは居間で就寝、その後行方が分からなくなり廣瀬さんの妻と長女、三女の3人で探したところ血を流し倒れている2人を発見しました。

15日午前0時すぎ、中能登町武部の廣瀬康雄さんの住宅で、「家族2人が血だらけで倒れていて意識がない」と廣瀬さんの娘から消防に通報がありました。
警察によりますと、現場では60代の男性と90代の女性の2人が、首から血を流して倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが死亡が確認されたということです。
娘の話などから、警察は亡くなったのは廣瀬さんとその母親とみて、身元の確認を進めています。
廣瀬さんは、中能登町で1月まで副町長を務め、3月に行われる中能登町長選挙に立候補を表明していました。

引用:NHK NEWS WEB

2人が血を流して倒れている時点で、事件性の可能性が高いことは明白ですが、現在警察により調査中です。

「暗殺」の可能性で操作が入り投票は延期か

町長選の立候補者が事件性を感じさせる死に方をすれば、嫌でも暗殺や自殺といった憶測が飛び交います。

石川県の選挙では毎回命がけの戦いが繰り広げられている、という情報もあるくらいですから、今回の事件も何か底知れぬ闇を感じる方も多いようです。

石川県中能登町長選挙

これか…。 石川県の選挙は命懸け。戦争(選争)とかいわれているのもうなづけます。 こないだ何んだったかをやめたお年寄りも、こういう中を生き抜いて来たんだなって思うと、なんか凄い。 そして、自身は絶対に関わらないようにしなければと改めて思いました。
石川県中能登町長選挙
まさか、選挙絡みの殺人?
石川県中能登町長選挙
「亡くなったのは、中能登町の前の副町長で、来月行われる町長選挙に立候補を表明していた男性とその母親」
選挙前に候補者と家族が消されるの怖すぎ

 

この世な状況で、予定通り選挙が行うことができるのか、それとも暗殺捜査の関係で延期になるのか、他殺だとすれば犯人の思惑どおりに事が運んでいるのか気になるところです。

事件のあった中能登町の場所

事件があったのは石川県中能登町、能登半島の中部に位置するのどかな町で、まさかこのようなきな臭い事件が起きるなんて、地域住民も考えた事もなかったことでしょう。

 

広瀬氏の自宅はJR七尾線の能登二宮駅から北東におよそ1キロ離れた場所にある住宅街。

広瀬氏は母親と妻の3人で暮らしていましたが、娘たちが集っていた日にこのような事件があったことが、無関係であればいいのですが。

石川県中能登町長選挙に立候補した広瀬康雄の自宅

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました