芸能

林遣都 髭隠しメイクが黄色くて気になる!色白で塗りすぎて違和感も

黒いジャケットを着た林遣都芸能

ドラマや映画に多数出演して大活躍中の俳優・林遣都さん。

高い演技力とカワイイ雰囲気を兼ね備えたイケメンでたくさんの方から支持されていますね。

 

インタビューなどを受けている姿も低姿勢で、真面目な性格が垣間見れてとても好感が持てますね。

 

そんな林さんがドラマでせっかく良い演技をしているのにある一点が気になってしまって集中できないといった声が聞こえてきます。

ヒゲ隠しメイクが下手で顔色に違和感?

林遣都さんの違和感の原因はメイクなんです。

林さんはどうやらヒゲがとても濃いみたいで、ヒゲを剃っても青く残ってしまうみたいですね。

 

わかります。

どんなによく剃ってもヒゲの濃い人は青い影が残ってしまうんですよね^^

長嶋茂雄さんとか保毛尾田保毛男とかw

あれって誇張はされてますけど間違ってはないんですよね。

 

林さんはそれをメイクで隠そうとしているみたいですが、ファンデーションの色が黄色というかオレンジ色すぎて画面に映った時にそこだけ目立ってしまっているんですね。

 

それもかなり塗りたくっているみたいで顔の色と首の色が違いすぎて違和感が凄いんです。

シーンによっては気にならない場面もあるんですけど、逆に目立つ時は気になりすぎて話が入ってこないんですね。

 

こういうのってメイクさんとか専門の人がいると思うんですけど、プロの仕事としては残念ですよね。

林さんが可愛そうだと思います(^^;

白いセーターの林遣都

ひげが濃いのは昔から?若い時はつるつる?(画像)

いつ頃から林さんは髭が濃くなってきたのでしょうか。

ある日突然ということはないですからツルツルの画像なんかも見つかると思いますが。

 

2016年の初挑戦となった舞台「家族の基礎~大道寺家の人々~」の製作発表会見の林さんを見てみましょう。

とても緊張している感じがこちらにも伝わってきますよ。

 

 

やっぱりこの記者会見でもかなり塗っている感じがします。

このころはすでに24歳くらいですからヒゲも生え揃っているのは当然ですね(^^;

顔と首は緊張して赤くなっているみたいです^^

顔色は光の当たり加減で自然に見えたり、やっぱり黄色っぽく見えたりしています。

 

ではデビュー当時まで思い切ってさかのぼってみましょう。

 

林さんは2007年に映画『バッテリー』でいきなり主演デビューし、新人離れした演技力が日本アカデミー賞などで高く評価され多数の新人賞を受賞しました。

 

その当時まだ16歳でしたがおヒゲの方はどうだったんでしょうか^^

早い子だと中学生の頃からヒゲを剃って学校に来る生徒もいましたからね。

林さんも若い頃からバリバリ剃っていたのかもしれないですよw

白いベースボールキャップをかぶる林遣都

なんということでしょう~

とぅるとぅるじゃないですか。

 

まだこの頃はおヒゲに悩まされていないようです(^^;

まちがいなくスッピンでもつるつる綺麗な感じがしますね~

 

しかし可愛い顔してます、紅顔の美少年ってやつですか^^

色白で可愛い顔でも髭面が似合う

林さんは元々色白で可愛い顔立ちをしているのでヒゲが似合う気がしません。

ご自身もそういった理由から必死にヒゲを隠そうとしているのかと勝手に思い込んでいましたがそうじゃなかったみたいです。

 

過去にはヒゲを生やして出演している作品もたくさんあるようですね。

知らなくてすみません(^^;

裸で髭を生やしている林遣都

めっちゃかっこいいんですけど~

肌もすべすべのようで、色気が半端ないですね。

 

鼻が高くて目も大きいので外国のモデルさんみたいですね。

 

もう一枚

茶色いジャケットを着てヒゲを生やした林遣都

これいいですね~

ワイルドで男臭くて、個人的には一番好きかも^^

ギャップ萌え?

 

若い頃の村上淳さんみたいですね。

UAさんの元ご主人のムラジュンさんね。

 

役柄に合わせていろいろ考えているんでしょうけど、ヒゲがあったほうがいいんじゃないですかね?

ヒゲひとつでずいぶん印象が変わるんですね。

【まとめ】林遣都 髭隠しメイクが黄色くて気になる!色白で塗りすぎて違和感も

林遣都さんの顔色の違和感について調べてみました。

ヒゲを隠すためにファンデーションをたくさん塗っているせいで黄色っぽくなっているようですがメイクさんの配慮が足らないように感じました。

実はヒゲを生やしたほうがカッコイイこともわかりましたね。

 

高い演技力と低姿勢な人柄で人気もさらに高まっていくことでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました