ニュース・事件

銀座ルビー窃盗事件の原石サイズは?【画像】幼稚な通報「4kg30億円」

ニュース・事件

27日正午ごろ、東京銀座の風月堂ビル5階のレンタルルームで、宝石売買の商談中に宝石が盗まれた事件。盗られたのは重さ約4キロ、30億円相当のルビーの原石ということで、令和のルパンの犯行として注目を集めています。

 

商談は4人ほどで行われていて、宝石を持って逃走したのは男女3人のグループとのこと。

犯行のあった場所や犯人像、そして4キロで30億と言われるルビーの原石がどれくらいの大きさなのか調査します。

銀座ルビー窃盗の事件概要

銀座のど真ん中で、白昼堂々と行われた宝石窃盗事件。ルビーの原石は商談中に盗まれたとありますので、ちょっと目を離したすきに持ち逃げされたと考えられますが、4キロもあるルビーをポケットにしまうことは不可能。

犯人たちがルビーの原石を抱えて逃走している場面が目に浮かぶようです。

27日正午ごろ、東京 銀座のビルで「商談中にルビーの原石を盗まれた」と110番通報がありました。

捜査関係者によりますと、通報した男性は「ルビーの原石は重さ4キロほどで、30億円くらいの価値があるものだ」と説明しているということです。

また、目撃情報などから複数の人物が現場から逃走したとみられるということです。

引用:NHK

銀座ルビー原石窃盗事件

別の報道によると犯人は3人組で男2人に女1人とのこと。さらにエレベーターを使い逃走したため、防犯カメラには逃げる男一人が映っていました。

 

銀座のど真ん中の犯行だけに、あらゆる場所に防犯カメラは設置されています。犯人逮捕にはそれほど時間は掛からないでしょう。

<追記>窃盗事件ではなかった

白昼堂々の怪盗ルパン事件は、事件性がないことがわかりました。

 東京・銀座のビルで27日正午ごろ、「30億円相当のルビーの原石が盗まれた」とする男性からの110番通報は、警視庁が調べたところ、窃盗の事実がなかったことが判明した。

警視庁によると、通報した男性は、女性から約1年前にルビーの委託販売を依頼され、実際に預かっていたという。この日は、女性と契約をめぐる商談中だったが成立せず、女性がルビーの返却を求め、実際に持ち帰ろうとしたことなどからトラブルになり、通報に至ったとみられる。

通報で駆けつけた警察官がビル内で、ルビーを入れたジュラルミンケースを持った女性を確認した。

引用:産経ニュース

女性から委託販売を依頼されていた男性が、売ることができずに返却を求められていたが、返す返さないの末に女性が強引に持ち帰ろうとしたことで、男性が110番通報したということ。

 

信頼関係もないのに委託販売なんてことをした結果の、些細な揉め事だったようですが、大きな事件になりテレビでも報道されてしまったので、あわてて警察に事情を説明したのでしょう。

 

あきらかに感情的になり「30億円相当のルビーの原石が盗まれた」などと幼稚な通報をする男はいったい何歳なのでしょうか。なんとも人騒がせでバカバカしい連中です。

【画像】4kgで30億って実際どれくらいのサイズなのか?

ルビーの原石4kgといわれてもなかなかピンときません。それが30億円もの価値があると聞けばどんなものか見てみたいものです。

そこで調べてみたところ世界最大級と言われるルビーの原石を発見しました。

世界最大級の未カットルビー

出展:ailovei

こちらが世界最大級の未カットルビーの原石「125ウェストルビー」です。全長は12.20×12.90×11.50㎝、重さは3.73kgということで今回盗まれたルビーの原石とほぼ同じ重さになります。

 

この「125ウェストルビー」の価格は不明ですが、ルビーとしては透明度が低く(不透明)大きさの割には価値はそれほど高くないとのことから、盗まれた原石はもっと透明で綺麗な石であったと想像できます。

 

ひとつ疑問なのが、今回被害にあったルビーの原石が、この世界最大級と称される原石よりも重いこと。

本当にそんなに大きなルビーの原石だったのか…

<追記>

些細な揉め事が原因で通報してしまうレベルを考えても、そんなに大きな石であったはずがありません。

偽装窃盗で保険金目当てとの声も

今回の事件はツイッターなどでも疑問に感じている人の声もあります。本当にルビーの原石で30億円もの値段が付くのか、保険金目当てではないのか、少しドラマチックな事件なだけに、様々な憶測をよんでいます。

嘘くさいな。30億のルビーの原石なんてあるわけないだろ。

商談中に???

保険金目当てか?

あくまでも今回の「4kgで30億円」は盗まれた側の自己申告の数字にすぎません。保険金を目的としたでっちあげであったとしたら、大きめに申告しても納得は出来ますが邪推するのはやめましょう。

<追記>

保険金どころかケチな宝石商の虚言でした。

事件のあった場所は風月堂ビル5階

事件のあった場所は銀座6丁目の風月堂ビル5階銀座ビジネスセンター。5階のフロアーを丸ごとレンタルオフィスとして22区画に分けてあります。

銀座ビジネスセンター

バーチャルオフィス・レンタルオフィス 銀座ビジネスセンター
住所:東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F
電話:0120-264-661
FAX:03-6215-8700

  • 地下鉄「銀座」駅(日比谷線・銀座線・丸の内線)B5出口より徒歩2分

今回は商談ということで、広い会場で催事を開いていたのかと思いましたが、レンタルルームはほとんどが4人掛けから8人掛けテーブルの置いてある小さめの個室ですので、個別商談だったことがわかります。

風月堂ビル5階レイアウト

犯人たちはエレベーターで逃走したとのことですが、この平面図を見ると商談していた個室を出てから廊下も長そうですし、エレベーターに乗る前に自動ドアがあります。

犯人たちはずいぶんと余裕をもって逃走できたように推測できます。

風月堂ビル5階の個室

風月堂ビル5階の個室

小さな個室だからこそ、なかなか商談相手の目を盗んで商品を持ち去ることは難しいように感じます。考えられるのは犯人たちの目の前に原石を置いたまま、一瞬でも席を外してしまったのではないでしょうか。

 

窃盗グループですから、事前にシミュレーションをして席を外させる方法まで準備していたのでしょう。いずれにしても、商談相手に商品を見せたまま席を外してしまった担当者の責任は重大です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました