エンタメ

Cocomi声優見下し発言「静香のために」親の犠牲で可愛そうな普通の子

cocomi-seiyu-gorioshiエンタメ

木村拓哉と工藤静香夫妻の長女Cocomi(木村心美)が明石家さんまが企画・プロデュースを務めるアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』で声優デビューすることが週刊女性で報じられました。

声優になりたくてもなれない人が多い中、度重なるコネ、ゴリ押しによる木村家の娘たちの七光りビジネス。ここみには「声優をなめるな」などの批判も。

Cocomiに向けられた批判とKokiとは違う心美の性格、工藤静香のゴリ押しなどを深堀します。

Cocomi“声優ならできる”見下し発言で嫌われる

木村拓哉と工藤静香夫妻の長女Cocomiがアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』で声優デビューするそうです。

Cocomiが声優スクールに通っていた過去を明石家さんまが覚えていたことが、声優オファーのきっかけになったと公式ホームページで明かされています。

◎キクコ(声の出演):Cocomi◎
さんまさんからお声がけいただいて、とても光栄に思います。まさか、中学生の時に、声優のスクールに行っていたというお話を覚えていて下さると思ってなかったので嬉しかったです。

引用:「漁港の肉子ちゃん」公式ホームページ

cocomi-seiyuu

しかしCococmiが声優のスクールに通っていたのは中学1年生の時の短期間で、その理由も「活舌を直すため」であって声優を志していたわけではありません。

さらに記事には声優のオファーを受けた理由として

Koki,さんとは違ってさほど背の高くないCocomiさんはハイブランドのモデルにはきびしいのかな、とは思っていました。そこで、実際に演技をする俳優は難しくとも、声優としてならば、と静香さんも長女へのオファーを受けたのかも

引用:週刊女性PRIME

この「声優ならできる」的な声優業を軽んじた表現に読者はイラっとしています。

cocomi-seiyuu

フルートもモデルも中途半端。
「声優だったらできそう」って、今、声優で成功している人はほんの一握り。
声優を舐めてますね!
なんだかとても嫌な気持ちになるのは私だけでしょうか?

cocomi-seiyuu

声優ならできると思った。
って、声優なめすぎ。
他のモデル、女優、フルートがだめだから声優になろうと思います。って、声優目指してる人に超失礼。職業として一段落ちるって言ってんのと一緒じゃん。
女優がダメってことは演技力ないんでしょ?しかもコネはあってもアニメとキムタクはファン層違うから厳しくない?

週刊女性の記事にも書かれているとおり、近年は声優ブームで声優になりたくてもなれない人が沢山いる世界。
明石家さんまがCocomiとの会話を覚えているはずもなく今回も親のコネ、静香のゴリ押しで掴んだお仕事なのは明らか。

ちなみに声優になれる確率は以下のとおり。
半端な努力ではなれないようです。

現状声優を目指している人は1年で30万人だそうです。ただ1年前の数値なのと、今は声優ブームは若干下降線なのでへっているとはおもいますが、それでも25万人くらいはいるのではないでしょうか。
事務所に所属できるのは1万人。合格率は3%という感じだそうです。さらにいうとトップ声優は30万人のうち0.1%しかたどりつけません。

引用:Yahoo知恵袋

Cocomi声優の前はオーケストラグループJPCOでも腫物扱い

Cocomiはこれまでクリスチャン・ディオールのアンバサダーに就任し、ファッション雑誌『VOGUE JAPAN』でモデルデビューするなど、妹のKokiと同じような活動をしてきましたが、本業は大学生。

あえて職業をあげるならば、ディオールのアンバサダー就任時に紹介された「音楽家」というのが今の肩書のようです。

cocomi-seiyuu

実際Cococmiはディオールのアンバサダー就任前に、オーケストラグループのJPCOのメンバーに入り音楽活動をしています。

ところがこのJPCO加入にも工藤静香の煩わしい介入がありました。

JPCO加入の経緯は、ここみと同じ桐朋女子高校音楽科出身のJPCOのメンバーが“一緒にやろう”と誘ってくれたことから。
しかし先輩の好意でグループに参加できるのにもかかわらず、工藤静香はCocomiのグループ参加の条件を提示します。

工藤静香は“写真の露出だけはNG”と心美の写真を使用することを拒否したのです。

クラシック界では演奏家が顔を出さないなんてことは異例とのこと。それでもJPCO側は大人の対応でこれを承諾。
ポスターにはCocomiが希望した本名表記「木村心美」だけが小さく記されています。

cocomi-orchestra

工藤静香の顔出しNG要求の理由は、当時デビュー前だったCocomiがデビューするその日まで隠しておきたかったという身勝手なものでした。

この一件でCocomiがグループ内で浮いた存在になってしまったことは安易に想像できます。今までグループを支えてきたメンバーからすれば、新入りが顔出しNGなんて気分がいいはずがありませんから。

でも彼女は木村拓哉と工藤静香の娘。はっきりいってめんどくさい存在、自然と腫物扱いされてしまうのは当然のことです。

誘ってくれた先輩の顔も潰してしまい、Cocomi自身もJPCOでは肩身の狭い思いをしていることでしょう。

Cocomi声優はやりたくないけど「静香のために」

クリスチャン・ディオールのアンバサダーにファッション雑誌『VOGUE JAPAN』の表紙モデル、親の敷いたレールに乗っていたら声優の仕事まで舞い込んできたCocomiですが、彼女の本来の性格からすると実は芸能活動はあまり向いていないようです。

cococmi-seiyuu

ウチのいとこがCocomiと同じ高校行ってたけど
いい子だけど大人しくてタレントなんか向いてないらしい
静香のために我慢してやってるんだって決めつけてたw
かわいそうだって言ってた

たしかにCocomiは妹のKokiよりもおっとりとした優しい雰囲気を持った女性、工藤静香のように気が強くて芸能界向きな性格はKokiの方が受け継いでいるようです。

心美は自宅で音楽教室でも開いて、子供たちに教えながら静かに暮らしたいというのが本音では。

デビューのきっかけとなったクリスチャン・ディオールのアンバサダー就任オファーの経緯も、明らかに作られた話です。

クリスチャン・ディオールのアンバサダーに就任しファッション誌『VOGUE』の表紙も飾ってデビューすることが明らかになった木村拓哉さんと工藤静香さんの長女・Cocomiさん。
そのきっかけの一つになったのは得意な「フルート」でした。
デビューの契機になったのは1月上旬、都内で行われたライブハウスでの演奏。
ファッション誌関係者によると「あるオーケストラグループのステージでCocomiさんが演奏していたんです。ディオールの関係者もその場にいてその美貌と音楽性に目が止まりオファーした」そうです。

Cocomiのことをまったく知らなかったのでしょうか、ステージで演奏する女性の美貌と音楽性に目が止まりオファーした。。。。。。

アメリカンドリームならぬジャパニーズドリーム。今どき韓流ドラマでもここまでダサい脚本の作品は無いでしょう。
工藤静香が書いたシナリオなのか、読んでるこっちが恥ずかしくなります。

静香のゴリ押しはただの親のエゴ。Cocomiも声優もをやるなら下手ではダメ、結果を出さなければ批判を浴びるのはCocomi自身。やりたくなければ嫌というべき、芸能界にどっぷりつかる前に逃げた方が幸せなのでは。

コメント

  1. Passerby より:

    旭川の事件の記事は良かったけど
    これは憶測から始まり憶測で終わる質の悪い記事
    事実に基づいたものを書けば?

タイトルとURLをコピーしました